toggle
2017-06-14

『地雷を踏んだらサヨウナラ』 一ノ瀬泰造のお墓を訪ねて。-カンボジア-

106ヶ国目になったカンボジア。
アンコールワット遺跡があるシェムリアップに到着し、まずはじめに行ったのが一ノ瀬泰造さんのお墓でした。9年前にアンコールワットに来た時は一ノ瀬さんのお墓があることを知らずに通過してしまったんですよね。


子供の頃からカメラが好きだった僕は、よく銀座や新宿の中古カメラ屋で機材を眺めたりしているのが好きだったが、そんなカメラ店にはよく泰造の写真やカメラが展示してあったりしたものでした。そんな事から一ノ瀬泰造という人物を知り、本を読んだり映画を観てはどこか憧れに近いものを感じていた一ノ瀬泰造。僕の前職が映像屋だったのも彼の影響が少なからずあったからだと思う。

一ノ瀬 泰造とは…


一ノ瀬 泰造(いちのせ たいぞう)
1947年(昭和22年)11月1日 佐賀県武雄市生まれ、日本の報道カメラマン。


1972年3月ベトナム戦争が飛び火し、戦いが激化するカンボジアに入国。以後ベトナム戦争、カンボジア内戦を取材、『アサヒグラフ』や『ワシントン・ポスト』などのマスコミで活動し、「安全へのダイブ」でUPIニュース写真月間最優秀賞を受賞した。


カンボジア入国以後、クメール・ルージュの支配下に有ったアンコールワット遺跡への単独での一番乗りを目指しており、1973年11月
『旨く撮れたら、東京まで持って行きます。
もし、うまく地雷を踏んだらサヨウナラ!』

と友人宛に手紙を残し、単身アンコールワットへ潜入し。そのまま消息を絶った。その後、クメール・ルージュに捕らえられ、「処刑」されていたことが判明した。享年26歳。


1999年 浅野忠信主演で映画化『地雷を踏んだらサヨウナラ』で広く知られることになる。
(一部Wikipediaより抜粋)

 

お墓を訪れる前に…

アンコールワット遺跡にも近く、是非多くの方に訪れてもらい一ノ瀬泰造の生き様を知ってもらいたいのですが、お墓は遺跡でもなければ観光地でもありません。厳密に言えば遺骨は遺族の方々により回収され、その場所に地元の方が建てたお墓なので、本来のお墓としての意味ははないかもしれませんが、ここで泰造が亡くなり10年間この土地の中にいたのは事実です。決して面白半分やネタの為だけに行くのはやめましょう。

今回タイの宿で一緒だった旅友Y君を僕から誘い、一緒にお墓に向かうことにしたのですが、まだ若いY君は一ノ瀬泰造の名前を知りませんでした。しかし、一夜漬けだけど調べてくれたみたいで、出発前に商店でお供え物を選びながら『やっぱりアサヒビールがいいかな?』と聞くと『戦場カメラマンならウィスキーの小瓶を挟んでるのが似合いそうですね!』と言いながらウィスキーを選んでる彼を見て微笑ましくなりました。知らなくても、これが知るきっかけになればそれでいいと思うんです。知らずとも何をしに行くかをY君の様にきちんと理解して向かうことが大事だと思います。

 

お墓のある場所

アンコールワットに侵入した泰造はクメール・ルージュに捕らえられ、アンコールワット遺跡群の東の外れにあるプラダック村(Preah Dak)で処刑され埋められました。泰造のことを近くの村人が覚えていたため埋められた場所が特定できたそうです。

他のサイトではアンコールワット遺跡から泰造のお墓へ至るルートが詳しく記されていたので、それを頼りにデジタルマップ上で記されている通り「お堀を左に進んで…◯◯の遺跡を右に折れ…」と魏志倭人伝で邪馬台国のあった位置を捜索するかのごとく地図をなぞってゆくと…


なんてことはありません。もうしっかりGoogle mapに位置情報が記載されていました。(名前はちょっと違うけど…)シェムリアップの町からお墓まではバックパッカー宿が集まるオールドマーケットエリアから20kmほどの距離があります。

泰造のお墓への行き方

他のサイトではアンコールワットの入場ゲートで『泰造のお墓に行くだけです。』と伝えれば入場料を払わなくても遺跡公園へ入れる。と書いてありますが、間違ったトラブルを避けるためにもこの方法はあまりオススメできません。(遺跡に入らなければ敷地内には入れるのは確かです。)

お墓までは一般道を使った方が道順も簡単なので、直接お墓に向かう方がいいと思います。しかし、お墓までは町から20km。公共交通機関もあまりなく情報がないのと、地元の方向けローカルバスになのでクメール語ができなければかなり難しい方法だと思います。


僕らが選んだのはレンタルバイク。

カンボジアでは12歳以上であれば免許がなくてもバイクの運転ができます。レンタルバイクは24時間(1日)借りて10ドルでした。パスポートは預けることになりますが、国際免許証も必要ありません。今回は2人で行くことにしたので、1人5ドルで借りることができました。しかしカンボジアは運転が荒いので、くれぐれも運転は自己責任で!

運転はちょっと…という方には
バイクタクシーやトゥクトゥクをチャーターする方法もあります。運転に自信のない方はこの方法がいいでしょう。お墓までの最後 約700mは道が荒れるのでバイクタクシーもトゥクトゥクも入ってくれないと思います。最後は自力で歩きましょう。


道はいたってシンプル。シェムリアップの中心を走るメイン道路(6号線)を東に6km進み、《67》という道で左折。そのまま12km北上してプラダック村へ向かいます。


地図を確認しながら右に折れる道(未舗装路)に入って800mほど進むと…


左手に『TAIZO』と書かれた看板が出てくるので、そこを左折。


よく日本人が来るんでしょうね、近くの子供達が甘えにやってきました。


ここから道が極端に悪くなります。
運転に自信がない方は看板の場所で駐車して歩いて向かいましょう。バイクタクシーの方も同様。


悪路を進むこと700m。
左手にまた《TAIZO》と看板があるので、ここでストップ。
この先は歩きでしか進めません。


看板のある通りから脇に下ってゆくと、小さな橋があるのでこれを渡ります。木が腐っていないか確かめながら慎重に渡ってください。


橋から30mほど進むと、泰造のお墓に到着。
シェムリアップの町から40〜50分ほどで到着できました。

このように泰造のお墓はプラダック村からさらに奥に入り、畑に囲まれた場所にあります。プラダック村に行かないと商店もない為、事前に飲み水などなどは買ってから向かうとゆっくり過ごせると思います。

無事に到着できたら…

思ったほど簡単に到着できたので、さっそく記念撮影…

 

の前にっ!

 


カメラを置いて挨拶とお墓の掃除。そして持参した贈り物と線香を灯す。

ここからグダグダとリラックスタイム。『何をしに行くのか理解してから…』とは書きましたが、かしこまって仰々しく…とは違うと思うんです。僕なんか『泰造さんさー、今生きてたらヤベーっすよ?行きたいところばっかりで、、各地で問題ありすぎっすわ。それにね、今同じようなことやるとメディアとかうるさくってしょうがないっすよ…』なんて世間話ずっとしてました。Y君も『泰造さん酒飲めなかったらどうしよ…』なんて話してて身近に感じてる様子。こうやって泰造に思いを馳せながら同じ時間を共有することって大事だと思うんですよね。


そんな会話をお墓のある前の小屋で、ハンモックに揺られ、鳥の声と風の音しかしない場所でする。こんな訪ね方が自分だったら一番嬉しいと思うんです。ほんと静かで、落ち着ける場所だったから次はキャンプしながらBBQして過ごしたいな…。と本気で思いました。もちろん賛否は承知ですが、同じように世界を体を張って見てきた人間としては、それくらいの方が来てくれて嬉しいと思うんですよね。


僕らが小屋でのんびり風を感じていると、牛飼いの親子が遊びに来た。観光地化しているシェムリアップの町から、ほんの少し外れただけなのにこの穏やかさ。この親子は一ノ瀬泰造は知らなかったけど、クメール語で『タイゾー』と書き方を教えてくれた。お互いに英語は話せないが、楽しい時間を過ごすことはできました。カンボジアの素朴な人々を訪ねるだけでも、ここに来る価値はあるかもしれません。


『タイゾー』とクメール語で書いてくれた。

泰造のお墓も、手前の小屋もカンボジアの方が作ったも。手書きの看板に線香も常備されている。お墓の周りには百合などの花々も植えられているし、橋の維持も大変だろう。このお墓を管理しているというお爺さんがいるそうだが、残念ながら今回はお会いすることができなかった。

もし、お会いできた方がいたら僕の分までお礼を言ってもらえると嬉しいです。


今回ようやく泰造のお墓を訪れることができ、車の音も聞こえない田園の真ん中でゆっくりと思いを巡らせることができてたのはいい時間でした。ほんとうに静かな場所でした。“静かだな”と感じれるほど静かでした。それが何よりも今のカンボジアを物語っている姿に感じられました。だって、ほんの43年前はここは戦地だったんですから。

だから、この静けさの中で泰造は嬉しいと思うし、またちょっと寂しいと思ってるのかもしれません。だから会いに行ってあげて欲しいなと僕は思うのです。

そしてもう一つ。
やっぱり生きて帰らねばいかん。

同じ天秤の上で生きる人間として、それだけは先輩にお説教だねwだから身近に感じるのかもしれないけど。 ん?泰造にヒーロー視する部分があったから、今の自分がこんな旅してるのか?? いやいや、おうおう、、

今夜も泰造さんとの想像迷走は続きそうです。。
是非興味が出たら本でも映画でも調べてみてね☆ 繋げて行くのも僕らの願いです。

 

 

※PCが壊れて代車的なタブレットで編集中です。。タブレットアプリだとGooglemapの位置情報共有ができないため、どなたか泰造の墓の埋め込みコード送ってください。。宜しくです。。

 

 

関連記事
Comment





Comment